2014年05月29日

木工糸鋸職人募集のお知らせ。

 糸鋸職人、を、募集します。
 詳しくは、、、、別に詳しくないけど、2014,5,29の、楽天の、ドリームキャッチのホームページ 糸鋸おじさんの ブログへ。

2012年07月22日

糸鋸メーカーの失敗

  大型糸鋸盤メーカーは、大体2社で、競い合っている。  一方が、新機種出すと、他社も、対抗して、、、というのが常だ。  現在、大型糸鋸盤の、刃のストロークは、双方とも、25ミリ。   かつて、これが変更されたときがあった。   始めは、25だったのが、30になり、確か35まで言ったと思う。でー、結局25がいいと、元に戻った。  戻すのなら、はじめからするなよ。  
P7221292000.png
  糸鋸のストロークが長いと、厚い板がきりやすくなる。ただし限度がある。写真は、25ミリの機械が、一番下へ来た状態である。  刃の、くわえ口が60ミリほど、一番上の、刃の  ギザギザは、45ミリのところにきている。  これでもし、後10ミリ下げるとしたら、  つまり、ストロークを35にしたとしたら、刃は35ミリのところまでしか、完全には、あたらないし、今までより10ミリ薄い板しか切れなくなってしまう。 それに、板押さえを、はずして使うと、板の跳ね返りが相当きつくなるんじゃないかな。  25ミリがいいから、また、元に戻したわけだし、迷惑なのは、新型だ、と飛びついてて買ってしまった人。  あわてずに、ずーと作ってる定番商品を、買いましょう。  もうひとつ、やめときゃいいのに、と思ってたのが、ある。  すでに、メーカーのネットカタログからは、消えているが、横向きアーム糸鋸盤。
 どうしても、横向きにしたかったら、上下の、刃の、加え金具の方向を変えればできるし、テーブル傾斜が横向き用にならない以外、特に問題はないと思う。  メーカも、わかって作って、売ってるんだと思う  あのような機械に飛びつくのは、詳しくない人で、メーカーの駆け引きの、被害者だと思う。なーんてな。

2012年07月20日

こんなのに、なりました。

  前回の、ブログにのせた、バックル、こんな具合に仕上がりました。  て、持ってきてくれました。  落ち着いた色合いで、中年向きかな?
P7191286000.png
 
 相互リンクしてたところのホームページが、新しくなったと思ったら、リンク はずされました。会社の、新しい方針なんでしょうか?。  リンク はずされたのは、うちだけではないので、 当方に、落ち度は、ありません、でも、電話でも、事前に、連絡するのが本来じゃあないのかな。  イヤミ、言ったのは、大人げなかったけど。   まあいいか、  おさえ  が、取れたわけで,書けなかったことが、勝手にかける。 災い転じて 福 にしなきゃあ    糸鋸刃、の研ぎ方だとか、 こんな、機械は、失敗作だとか。  っと 言っても、どっかを、攻撃しようとするわけでは、ありません。

  夏の間に、糸鋸教室でも、やろうかなと思っていますが,暑くて、考えるのが億劫です。  対象は、夏休みの子供に限りません。  作るものは、糸鋸を、主体に使った小物。  ご希望の方は、09049010065  糸鋸おじさん  まで。

2012年07月11日

シャッター、開けておくと、、、

  工房の、東側は、大きなシャッター。  夏場は、朝日が当たって、シャッターが、熱くなり、室温が、上昇する。  木は、湿気も、乾燥も、よくない。  で、クーラーも、できるだけ、我慢で、シャッターを、開けておく。  と、いろんな人が、覗いていったり、入ってきたりする。  扉を、開けるのは、覚悟がいるが、開いてるシャッターからだと、そんなに入りやすいか。  まずは、いろんな営業マン。  銀行員に、始まり、自販機を、おかせて、との飲料メーカー  [すでに一台ある] 二台にしたからって、売り上げ2倍になるわけじゃあないのに、で、お断り。 仏壇作れますかー、て入ってきたお客さんもいた。  
  P7081282000.png
  バックル、木で作れますか、はい。で、作ってみた。   パイン材では、やわらかすぎるので、楢の木を、使った。厚み40ミリほどの材を10ミリくらいに切断の上、プレーナーで7ミリくらいに、でー糸鋸でカット。  和装小物を、作っている、とのことだった。

2012年06月22日

トリマーベース

P621127900.jpg

  曲線を、彫るために、トリマーベースを、自作した。  直線なら、四角いベースでもいいが、滑らかな曲線には、丸がいい。  以前は、どこかのメーカーが、売ってたと思うのだが。  黒檀を、真円に、切り、ベースに、固定した。  これで、曲線のV溝なんかが、彫りやすい。   おじさんの、好きな、トリマーは、日立。  配線に使われてるコードの太さに信頼が置ける。  分解しなくちゃ、わからないけど。

  今日から、セールです。  ちょっと、梅雨も、一休みしそうです。  お待ちしています。

2012年06月09日

続き    です。

DSC08236000.jpg
  慣れてきたら、  これくらいできて、当たり前。   特に、すごいっていう テクニック、使ってるわけでは、ありません。

2006_03030002o.jpg
 切ろうと思えば、これっくらいの 厚みも切れないこともない。  刃の加工は、必要ですが、、、。
P3290155000.jpg
自分で冶具を、作れば、今までと違った作品が作れます。
P2160699.jpg
  これが見本です。

アマチュアの人は、パズルなんかに、惹かれると思いますが、パズル以外でも、糸鋸の、可能性は、たくさんあります。
2006_03030013000.jpg
 
 機械が好きなら、オートマタ <からくり>   絵や写真がすきなら、風景を切ったり、 カッティングシートや、 フエルト生地なんかも切れますし、おもちゃに家具  ETC.  自分の趣味に対応してくれるのが、糸鋸盤だと思います。

2012年06月08日

糸鋸で、できること、糸鋸にしか、できないこと。

P8130002000.jpg
  糸鋸という機械の、大きな特徴は、なんといっても、 切り文字なんかの、細かい曲線加工ができる、ということだろうと思う。  ジグソーなんかでも、曲線が切れるが、細かさでは、比較にならない。  レーザーや、水圧で加工という方法もあるが、 焦げたり、という問題もあるし、高価で、危険も伴う。  こんな機械、趣味で、個人所有してるなんて人、いるんだろうか?   帯鋸という道具もあるが、外側は、切れるが、中抜きは、できないし、大きな曲線しか、切れない。帯鋸の、得意なのは、厚い木の加工だ。

P6071268000.jpg
 
 ちなみに、上の写真が、帯鋸で加工したもの。  厚み10センチ。
2006_03030011.jpg
  象嵌である。 これを、糸鋸なしで、やろうとすれば、どうしたらいいかわからない。  直線だけの、象嵌なら可能だろうが。

P2160709.jpg
 やる気になれば、これくらいの、加工は可能である。

  次回に、続く、、、多分

2012年06月06日

お知らせでーす。

  昨日、ちょっとしたお知らせが、そのうち、なんぞと、書いたら、今日になってしまった。  続けて、ブログ書くのも久しぶりだ。   で、、、、そのお知らせとは、  いつもお世話になっている、糸鋸メーカーの、旭工機さんの、ホームページが、リニューアルされました。  ドリームキャッチの、トップページの右下にある  旭工機  の文字を、クリックしてください。
   
   おじさんが、最初に買った糸鋸盤は、なんとプラモデル。  ほんとのおもちゃだった。  それから糸鋸に、はまり、ホームセンターで、売ってる安物の機械で我慢できず、 旭工機さんとこの、GRラインを購入。  今のスクローラーにいたっている。  ほんとに、糸鋸やりたいんだったら、GRラインくらいから始めるのがお勧め。  ホームセンターの機械だと、本格的にやりたい人は,絶対後悔すると思う。当然購入には、糸鋸道を、極めるぞー、ぐらいの、決意は必要とは思うがー。 ついでに、昨日、スクローラーで、カットした写真を、アップしておきます。
P6051260000.jpg

     P6051261000.jpg
 
 これくらいを、当たり前に切るには、技術が必要なのは当たり前ですが、機械も、いいもの使わなければ、本当の技術も、身につきません。   希望があれば、糸鋸教室で、実際に機械に触っていただくとができますので、ショップまで、ご連絡を。
   
  このねた、転がして、当分ブログが、かけるぞ。

2012年06月05日

傘たての、オーダー

  昨日は、傘たてを、はじめ、細かい注文を、いただいた。  リンゴの切り抜きに、星の切り抜き。
P6041259.jpg
  リンゴは、大きすぎたので、型を縮小コピーして、貼り付けて カット
P6041257.jpg
  星は、ハートなんかに比べると、めんどくさい。  角を、尖らせて切ろうとすれば、切り抜かれた部分は、6ヶになる。  ターンではなく、出会いでカットしてるからだ。  二台の傘たて のカットが、終わったころに、ラジオから、九州南部が、梅雨に入った模様、とのこと。   予感はあったものの、ついに来たって感じ。 お客さんのほうが、敏感なんですね。


  
  近日  ちょっとした、発表を、するつもりです。  はじめは、5月中、って聞いてたんですが、ちょっと、伸びてるようで、  このブログでも 宣伝しますので、がんばってください。  期待してますよ。

2012年05月26日

どーでもいいけどー。

P5241253000.jpg
 金環日食に、東京スカイツリーと、見上げることの多い、一週間だった。   でー、どうでもいいことが、気になった。   スカイツリーのことだ。  多分、これから、映画なんかに登場することも、多くなるだろう。  寅さんなんかに登場させれたらどうなのだろうとも思うが、かなわぬことだ。  一番気になるのは、 ゴジラ映画。  初代ゴジラは、身長50メター<一説には、40メーター> その後、東京なんかの、ビルなどの高層化にあわせて身長100メーターに、設定が変わった。  でー、東京タワーなんかを、ぶっ潰している。   東京スカイツリーは、634メーター。また、  これも、ぶっ壊すとしたら、  これでは、 少し背が低くて、つりあわないんじゃあないか。  それにセットが大変だ。 ゴジラの着ぐるみが、2メーターとしたら、12メーター以上の、スカイツリーのセットを作らないといけない。  これは、場所探しから大変だ。  身長設定を変えるには、水爆実験に、遭遇させなきゃならないが、それもどーする。  まあ、どーでもいーか。
P5241254000.jpg
写真は、ハートミラーの、ガラスをはめ込むための、彫り込み。

  口コミ  の検索で、えげつないショップ発見。  すぐに、削除されたが、コピーゲット。  元、スタッフから聞いたこととして かかれてあった。  こりゃー、お客さんにも、今の、スタッフにも、まして、嫁にもみせれないわなー。  その内容とは、。。。。。。。。。

2012年05月22日

一応、金環日食写真です。

DSC01498000.jpg
 どーせ、新聞や、テレビでも、見てるから、珍しくないけど、一応アップ、しときます。  太陽撮影に使うフイルター も、考えたが、曇天だったら、あほらしい、 無駄な投資になる。一眼レフ用は、結構高い、と思う。 以前に作った、一眼レフ、ピンホールカメラなんかも、考えたが、目医者の、お世話になるのが落ちだ。  何かいいものないか?と探したら、遮光器土偶の、お告げ<?>で、  溶接に使う、ゴーグルが思いついた。 覗き部分は、結構大きい。 売ってる、観察用めがねより。  でー、この写真。

2012年05月10日

糸鋸盤の、ふところ、について、

  糸鋸盤の、ふところ のサイズによって、作れる作品の、大きさが、決まる。  ちなみに、うちのは、1000ミリー1メートル  板の中ほどに、ハートを抜くとしたら、1メートルを、超えると、板が回転してくれない。
P509124400.jpg
  写真は、端から、1、4メートルほどのところにあけたハート。  反対の、端から0,4メートルほどなので、そちらを使って回転させて切っている。  変則的な切り方なので、切られたハートの 捨て材は、2つに分かれてしまうし、糸鋸盤からはみ出した板を、落ちないよう支えながら切るので、体力勝負だ。フー。

2012年04月28日

ハート穴あけ用冶具

ハートをカットしてから穴を開けようとすると、穴がずれてしまう。  先に開ければとも思うが、ハートより少し大きい板にカットするのも、面倒だ。  雑貨製作に使うので、50個100個単位ともなれば、手間がかかる。  でー
P4271242000.jpg
こんな冶具を、つくりました。

2012年04月27日

光琳図案

光琳図案を、いただいた。
%E5%85%89%E7%90%B3%E5%9B%B3%E6%A1%88000.jpg
尾形光琳  江戸時代か、なんかの画家だったと思う。  だったら、著作権は、消滅してるはず?  ゆっくり鑑賞してから、気に入ったのを、自分なりに、アレンジして、糸鋸で、切ってみるか。
緒方洪庵、尾形光琳、ひらがな表示にすると、一字違いでややこしい  そういえば、以前いたな、  斉藤けい子  斉藤ゆう子 斉藤とも子  誰が誰やら、区別がつかなかった。  実はおじさんは、個体識別能力<?>に、欠けている。  人の顔がおぼえられないのだ。  商売なんぞには、決定的に向かない。  以前に、居直っていったことがある。  人間より、カブトムシのほうが、識別しやすい。  少なくとも、オスメスの区別は、つけられる。  春名愛何ぞ見てると、ますます、そう思う。
  

2012年04月26日

春ですねー。

  昨日は、工房へ着てから、自転車で、近所を、うろうろと、してみた。
DSC01188000.jpg
蓮華畑である。  最近,レンゲが、見直されてきたのか?近所に、結構多い。  死んだ動物の、骨格標本を作るとき、大きい動物だと、土に、仮埋めした後、レンゲを、育てるといい、と聞いた。腐敗が速く進むんだとか。 だからといって、レンゲを見て、事件なんかと関係を、想像するのは、松本清張の、よみすぎか?
DSC01191000.jpg
今年も降砂が、始まった。  東にある生駒山。 頂上付近は、遊園地。 その向こうは、奈良県 昨日まで 新緑がきれいだったんだが、かすんでしまっている。  これは、逆光撮影のせいではない。
DSC01194000.jpg

DSC01193000.jpg
  咲き始めたツツジ、   タンポポは、種を、飛ばし始めた
  今春、また、みすみす,過ぐ、いずれの日にか、これ  帰年ならん。  時間は、とめられないもの。ゆっくり、眺めておこう。     なーんて、柄にもなく。

2012年04月15日

ハートの名刺入れ

  名刺入れを、作ってみた。  ハート型と長方形を、重ねた形を、糸鋸で切りぬいて。P4151231000.jpg
  指をいれて、名刺が,取り出しやすいかも?  ただ、おじさんには、利用価値は、あまりない。名刺を持っていないからだ。  先日も、名刺を、もらったので、渡したのは、名前の入っていない、糸鋸教室の、連絡用の、紙だった。 なぜ、名刺を、持たないか。答えは簡単、  1、 名刺を、配り歩くような立場にないということ。   2、持ってることがうっとうしいということ。   3、 個人を、特定されるのが、いやなこと。  4、 まず、誰も、読めないこと   自分で作って持ってたこともあったが、白々しい、と思いやめた。 ブログを、大分書いたが、 本名は出していない。 でー  ネットで、フルネームで検索しても、何も 出てこない。  どうやら、同姓同名の 人は、この世に存在しないようだ。   それがいいのか悪いのか? 万が一、新聞にでも載ったら、完全に、個人が特定されてしまう、、、、、。気にしすぎか?     まあいいや、もらった名刺を、ためておくのに使うか。

2012年04月12日

坂道を、下るおもちゃの、仕組み

これが、その、内部構造である。 [内部構造というほどのものでもないが・・・・。>
P4111221999.jpg

  非常に単純な、構造である。 <胴の厚み、25ミリ、材ヒノキ> 部品も、4つだけで、糸鋸教室でも、教材にしたいくらいだ。  ただ、ちょっとした切り具合で、歩き方が変わってしまうので、要注意。  足の裏部分の切り口がゆがむと、千鳥足になってしまうし、足と胴の間の切れ目の高さが違うと、うまく歩かない,等々、でー、一匹一匹、歩くのに、適した坂の角度が、微妙に違ってくる。  組み立てとしては、胴の部分を、2^3ミリ削り。足の部分に、羽を接着する。それで、足が胴から抜けないし、歩くときに、羽が動く。  どうです、やってみませんか?

2012年04月09日

生駒山中腹まで、、

  
生駒山の、中腹まで、花見にいって来た  折りたたみ小型自転車で、、、、。  DSC00959000.jpg

 しんどいの何の、大阪平野を見下ろし、はるか向こうは、かすんで見えぬが、大阪湾。  眼下は、満開の桜に、渋滞する車、  ウンしんどいけど、自転車大正解。

DSC0095800.jpg

ついでに、知人が、講師やってる、バードカービング教室を、見学。  のどかな一日でした。

  ついでに宣伝   木彫りの野鳥展  5月2日~5日大阪中央公会堂 地下大会議室
          入場無料 とのこと   でした。

2012年03月25日

刃の、加工について

  前回、刃の加工の事、書いたので、ついでに、24山を、12山や、8山に 何のために加工するか?  1、 厚い木を切るときの、木屑の掻き出しを、スムーズに、させるため   2、 細かいターンを、正確に行うため。
P3241217000.jpg
  写真のような冶具を作り ジョイロボという機械で、加工しています。 後ろの白い板は、加工状態を、見やすくするため 、糸鋸盤本体に、取り付け加工してもかまいませんが、糸鋸盤を、傷つける可能性が<0>ではありません。  機械は、何でもかまいませんが、砥石部分が、直径の、小さなものを使ってください。  注意点は、1、  糸鋸の刃の、縦方向に削ってください、 横に削ると、残ったバリが、切断面を、傷つけることがあります。  また、刃を削りすぎると、切断できなくなりますので、糸鋸盤の、ストロークを、超えるような、刃の空間を、作るような加工は、しないでください。  留意点 刃を、削れば、その分刃の寿命は、短くなります。  必要以上削らないこと。

2012年03月24日

バラの切り抜き

P32312160000.jpg
 バラの切り抜きのご注文。 木の 厚みは38ミリ。  糸鋸の、刃の、ストロークは、25ミリだから、それを、超えている。  人の、加工した部材に、手を加えるのは、もし、失敗したらー、と考えると、気を使う作業。  切抜きが、まっすぐなるよう、刃の直進性、直角性に 注意。 切りカスの吐き出しを、よくするため、24山の、刃を、12山に 加工。  後は,ばたつかないよう、スピード落として、慎重にー  で、できました。  って あと2つ。  はいはい わかりました。  後で、やっときます。

2012年03月21日

梅見に行ってきた

DSC00803000.jpg
  昨日、 枚岡梅林まで、歩いて出かけた。 約15分、けっこうきつい勾配が続く、 気温は低いが、日差しは春だ。  風情、情緒なんぞというものとは、縁遠いが、たまには、花をめでるのも、悪くはあるまい。  屋台も出ていたが、桜と違って、宴会やってる人はいない。  その代わり、カメラを持ってうろうろする人ばかり、<あ、おじさんも、その一人だった。>  今年の梅は、咲くのが遅く、この分だと、桜と梅の、花見の はしご が、できるんじゃあないかな。   梅林の北側の枚岡公園は、桜があって、毎年、大賑わい、ウン はしご が、できる。    
  梅ノ木、ってのは、木材店で、見た記憶がない。  桜は見るが。  梅の実をつけなくなった木は、産業廃棄物として、処理されて、流通に、乗らないのかな。  それとも、材質がよくない?  以前は、産廃として処理されてたゴムの木は、資源として、使われている。  100均の、東南アジアからの、木製品の多くは、ゴムの木だ。 産廃扱いで、安いからだ。  まあ、それはおいといて いっぺん、糸鋸で。切ってみたい。多分硬いだろうな。

2012年03月11日

坂道を下るおもちゃ

  久しぶりに坂道を下るおもちゃを、作った。  カタコトと、音を立てて下るのは、まさに癒し系だ。DSC00769000.jpg
 おじさんは、古本屋で、探し当てた、おもちゃの科学という本<ブルーバックス 廃刊>で、知ったが、伝承おもちゃらしい。  巷でも、もっと凝ったつくりの物も売られているようだが、、 。 悩むのはデザインもだが、バランス。 どれくらいの角度の坂を、どれくらいのスピードで歩かせるのかは、ちょっとのことで変わってしまう。  試行錯誤も覚悟しないと、、、。  どうです、あなたも、思考錯誤してみませんか?

2012年03月08日

 この前のブログで、暖かくなってきた、と書いたら 葬儀が、入ってきた。   嫁に<散髪してきて>と命令された。  はいーーー。  床屋嫌いで、前散髪したのは、  一年半前の町内の葬式以来か、、散髪するのは、ビートルズ世代にとって苦痛なのだ、ってことにしておこう。  後ろ髪が、首の前でくくれる寸前だったのに、ばっさり切られた。  丸刈りされた羊の気分だ。   寒い。とりわけ首筋がー。
  出棺から骨上げまで、出たが、おじさんなら 棺に花、いれないでほしい。死に顔見られたくないし、骨上げもお断りだ。  焼き場に放り込んだら、さっさと帰ってほしい。
     我死なば  焼くな埋めるな 野に捨てよ  飢えたる犬の 腹を肥やさん
  
    そこまでは、いわないが、死んでから、生きてる人間の手を 煩わせることはしたくない。

    合掌    ついでに、切られた髪にも合掌
2009_0422000200.jpg

2012年03月05日

啓蟄、、、、

  またまた、ブログ大分サボった。  寒くて、新しいものは、できないのだ。  朝、7時前に、工房に、着くが、 寒くて、何かしようという気が起きない。 それなりに広い工房で 一人で暖房をつけるというのも気がひけるし、温まるのに時間がかかりすぎる。   で、、、、おじさんの プライベートスペース工房の片隅にある  <秘密基地> に、しけこむというのが、日課になってしまった。  ウン、冬眠と、言ってもいいかもしれない。  で、、、、パソコンたたいたり本読んだりー  でも新しいことは、簡単には、思いつかない。   パクリは、いやだし。%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
   この前、うちのハンガーラックとそっくりのを、新作ですって、載せてるとこを見た。  オー恥ずかしい。  ホンダの、コピー作って、HONGDA ってエンブレムつけて売ってるどこかの国の企業みたいなことするな。
  でー近頃雨が多い。  なたね梅雨かな?  お水取りも近いし、少し、暖かくなってきた。 おじさんも、ゴキブリよろしく、秘密基地から、這い出すとするか。  新しい計画も、入ってきたようだし、2009_0315000200.jpg
  糸鋸盤に、こんなの取り付けたら、どんなもの作れるでしょうか?  各自で考えましょう。

2012年02月11日

2月11日

  1月22日以来の、ブログだ。  だいぶサボった。  その間,風邪も、ひいたし、車のバッテリーあがりで、エンコも、した。  あとは、特に変わったこともなく、牧歌的に、過ぎてきた。  でー、今日は、何の日だ。  震災と、原発事故から、11ヶ月の日だ。  でー、昨日、車に、こんなシールを貼った。P2111208000.jpg
   これは、何のマークを、変形したものかは、誰でもわかると思う。  それに、糸鋸で、切るほどの、ものでもない。  鋏があれば、十分だ。
  
  津波での、原発事故なんて、SFの世界の話と思っていた。  原発反対派のいうことも、まさかと思っていた。  でも、起きた。


   財界のおえらがたが、原発の再稼動を、と、言っている。  まったく理解できない、というわけでもない。  でもー。


   野党が、頼りない与党の、足引っ張りをしているが、原発は、野党が、推進してきたのではー。


   復興は、遅々として、進まないが、時間が過ぎれば、 震災原発事故直後の思いは、薄まってゆく。   日本の、価値観が変わるかも、と思っていたが、思い過ごしだった。
  

   世の中に、拝金主義者の多いこと。  震災、原発事故さえも、食い物にするし、  ボランティアを、有言不実行するやつもいる。


   あー、価値観なんて、そう簡単に変わるものでもないし、時間が過ぎれば、自分の立場が、一番重要だって処に戻ってしまう。  自分は、そうありたくないと思ってもー。

    いろんな、雑感を、シールにこめて。

2012年01月22日

機械のカスタム化

  機械の手で、触るところは、プラスチックで、作られてることが多い。  でもあんまり好きじゃない、と、思ったところは、木で作る。  糸鋸盤は、木製化は、ほぼ終了してるし、、、で、ボール盤。握るところを、黒檀で作りました。P1221205000.jpg
握りやすい大きさで、それに、ピッカピカです。  つづいて、スライドソー  角度を変えるレバーを、ブビンガという木で作りました。黒檀ほどでは、ありませんが、硬い木です。P1221206o.jpg  作り変えたからって、性能が上がるわけではありませんが、愛情は、沸くでしょう。
 前回、偽レビューのこと、書きましたが、その後、朝日新聞に、化粧品でも、同じようなことがあったと、書いてありました。  もう、常態化してるんでしょうか?   <自分の評判なんて気にするもんじゃない。  気にしたからって、何の得もない> 永 六輔 氏の、 職人という本の 言葉です。  そりゃ、そうかもしれませんが、偽レビューは、いやですよね。  自分ところに 都合のいいレビュー 書くならまだしも、 狙い撃ちで悪口の偽レビューなんか 書かれたりしたらー。                 

2012年01月16日

今日の新聞広告から

  今日の朝日新聞の広告である。  オウムの逃走の記事の横に、それより大きく <ネットに溢れる嘘レビュー> と、書かれている。  食べログに、端を発した記事だ。大きく取り上げられているのは、オウムは、終わりつつある事件。 嘘レビューは、これから進展を、見せるであろう事件の違いだと思う。DSC006360099.jpg
  おじさんも、怪しいショップを、目撃したことがある。   2008年4月初レビューで、コテンパンに書かれた某ショップは  直後に、高評価のレビューが連発。  その後も、悪い評価のレビューがあると同様のことが続いた。  おじさんの知る範囲では、最大、怒涛の9連発。  それもみんながネットショッピングを、はじめるであろう夕方までの一時に。  ほかにも、このショップには、いろんな工作の跡が見受けられる。 こんなことは、意図的にやらなければ、ありえないし、今時点で消去されているのを見ても明らかだと思う。   週刊誌に、こうした記事が、載るということは、社会問題化してきたということで、ネットショップ会社もしかりだが、国や、警察、検察も動き出す、いや、もうすでに、裏で、動き出してるんじゃないか。 まあ、うちのショップは、ビビることはないが、身に覚えのあるショップもあるんじゃなかろうか。  でー、さっきのショップは、名前は出しません。名誉毀損なんかで、訴えられても馬鹿らしいから。   

2012年01月14日

正月雑感

 1月も、もう半分過ぎようとしているが、正月らしきことは、何もしていない。 少しは正月気分をと思い 戯れに、神社も、まわってはきたが、人が多いだけで、ただ眺めて、賽銭も入れず、帰ってきた。 信仰心の かけらもないおじさんには、 どうも、似合わないらしい。  二階調化の写真も、まだ、途上だ。  くそー。      で、正月雑感。  年賀状が、数枚届いた。  出してくれるひともいるんだ。こちらからは、20年以上出したことないし、13回の引越しも、まともに連絡したことないのに。  まあいいか、喪中はがき、書く手間が、省けるだろう。            オウムの 平田が、出頭して、 潜伏先が、東大阪市。  生活圏ではないが、工房も、同市だ。 そんなに、潜伏しやすかったのか。 どうも、東大阪市は、 よからぬことで、名を馳せることが多い。 昔に、逮捕された s市長にしても、生き埋め殺人事件の h大学にしても。  ラグビーの町東大阪。  中小企業の町東大阪  っていうコピーがあるが、  逃亡と潜伏の町東大阪に、ならないために、なんとかしろ、  布施警察や、東大阪市なーんてな。    ちなみに、松本智津夫 の姓名判断 強烈だ。 虚栄 悪運 その他、 善悪まぜこぜで、ほかに類を、見ない。 ちなみに おじさんは、占いは、信じない。 ただし、統計学として ただしいものは 、ただしいと思う。P1121200999.jpg
  グダグダ言ってても、はじまらない。  明日は、近くの神社の、植木市が開かれるはずだ。 カメラもって、行ってみるか。   写真は、今年初めての、麦ハートの、切り抜き。

2012年01月05日

二階調化の、練習。

 知り合いの、女性に頼んで、写真の、二階調化の、練習をした。 パソコンで探した写真は、著作権のからみで、気が引けるし、画質の低いものが多いし、まず、気に入ったものが、簡単に見つからない。それなら、自分で撮ろう。そのほうが、愛着もわく。 寒い時節なので、屋内で、撮影。   背景に、白い板と、黒い板を立て撮影した。  これは、画像処理で、切り抜きツールを、使わなくてすむようにするためだ。  DSC00395000.jpg
00i9999999.jpg
  服は、無地の淡い色 条件はあっている。  が、、、画像が荒い。  一眼レフで、画質はいいはずだし、、デジタルで、蛍光燈にも対応しているはずなんだが、、<当然、三脚なども使っている。>  理由として考えられるのは、思ったより屋内が暗いこと、 二階調化には 、フラッシュは、使えない。蛍光灯に、対応が、まだ不十分?  デジカメが、機種によるだろうが、白い色にピントが合いにくいこと。  腕のなさ<これがいちばん?> なら、暖かくなってから、屋外へ、  それはそれで、難しい問題もある。 あまりはっきりした影だと、パソコンで画像処理の自由度がなくなるからだ。 まあ、それもやってみるか。  今のうちに、人の邪魔にならない、公園かどこかの、白い壁と黒い壁が南向きにあるところを、探しておこう。

2012年01月01日

2012年  おめでとうございます。

  一年の計は、元旦に、、、でー、工房で、切り初式?   干支ではなく 犬のデザインP10111770.jpg
材は、ナラで、27ミリの厚さ。 結構細かいターンが多いので 刃を加工して使用P10111750.jpg
 これのカットに使った刃は、3本。何とか切れました。P10111840.jpg
これまた、自分のデザインではないので、販売はしません。

2011年12月31日

よい年を。 その2

 2012年の、干支の辰を 切り抜くつもりでブログにもupしていたが、刃の差し替えが多すぎて、やる気がうせた。 でー軟弱路線に、切り替えて、寄席文字の<辰>と2012を切り抜くことにした。PC30116000.jpg
 シナベニヤ 5,5ミリ五枚とコピーを張ったベニヤ2,5ミリを、テープ出で固定して、締めて3センチ.糸鋸の刃の、振幅を、超えている。PC301161000.jpg
  これだけの厚みになると 刃の、直角の精度が、問われる。切り捨てられる材が、スコーンと出てくれたら、合格。PC30116300.jpg
ハイ、できました。 これが、多分今年の、最後の糸鋸作業。5枚あるので、年内に、あちこち配りに回ります。 これが、年賀状も書かないおじさんの迎春準備.では、よいお正月とよいお年を。

2011年12月30日

よい年を、、、、

 大分、ブログを、サボった。 実は、パソコンの、ハードディスクのデータが、消えたので、てこずっていたのだ。  個人的なものなので、特に問題が、あるわけでは、ない、こともないが、 糸鋸で抜こうと思っていた写真なんかが、消えてしまった。  二階調化した写真に、動物、人物シルエット、風景写真に、バイクに、美女。 ネットで探しても、もう削除されているものもあるみたいだしどこからとってきたのか忘れたものもある。  もともと、強制停止を連発したり、ケーブルを引っこ抜いたりしたのが悪いんだろうが、パソコンに、  そんな、根性なしに育てた覚えはないぞ。  と、怒っても始まらない。        でー、  前に作ったボタン、何に使うのかと聞いたら、こんな写真が,返ってきた。            06700.jpg
  マフラーということだが。身に着けたとき、どんな感じになるのか、よくわからん。  顔を、出して つけたところを見せたほしかった。

2011年12月18日

もう一度、ボタン

  ブログのねたない? って聞いたら今度は5センチのボタン。  じゃドリルを固定して、作ってみましょうか。PC18114500.jpg
  ドリルの固定金具は、ホームセンターで、買ったもの。削りだす、バイトは、ノミを自分で、加工したものを、使っている。PC18114600.jpg
  小さいので、ディスクグラインダーは、外側にしか、使えない。 なかは、バイトとサンドペーパーで加工。  今度の木は、カリン。赤っぽい色で、黒檀なみに、硬い。  

2011年12月11日

大きなボタンを、作る。

大きなボタンの、依頼が、来た。  ウン、ブログねたになる。  直径は10センチ、何に使うんだ?PC1110790.jpg
黒檀の木を、10センチよりちょっと大きめにカット。PC1110800.jpg
中心に、穴をあけて、ボルトで固定。このとき、穴の位置は正確に、PC1110810.jpg
ボール盤のチャックにボルトを固定。  木工旋盤もあるけど、専用の機械でやったんじゃ、面白味がないし、旋盤もってる人も少ないと思うので、ここは、ボール盤でー。PC1110820.jpg
ボール盤を、回転させながら、ディスクグラインダーや、バイトや棒やすりで、形を整えて、後はひたすら、紙やすりで、磨く。PC1110840.jpg

ボルト穴を埋めて、糸の穴あけて、完成。  糸の穴は、角があると、糸が切れる原因にもなるので、糸の出口は、滑らかに。P4130777.jpg
ボール盤でなく、ドリルなんかでも固定さえできれば、木工旋盤のかわりはできるんじゃないかな。いろいろ工夫していけば、いろいろ作れますよ。ちなみに、チェンジレバー サイドブレーキレバー シガレットライターなんかも、ボール盤で、作りました。

2011年12月04日

えー、もう、12月

  あー、もう、12月。  早いもんだ。   ちょっと前まで、暑い暑いと、いってたのに、、、。  12月と、いえばクリスマス、正月準備。  でー、この間、ブログを書いてる時間を使って、クリスマスや、正月用の画材を、探していた。 それ以外にも、  だまし絵で有名なエッシャー<昼と夜  とか>北斎とか、その他、いろんなの、、でも、すぐに糸鋸で切れそうなのってのは、ないですねー。二階調化できそうな写真も、探しては見たけど、画質が落としてあったり、影の具合やらが、悪かったり、こちらの思うようには行きません。dragon05_b0.jpg
   でも、何とか一枚、少し手を加えたら使えそうなのがありました。  当然、自分のデザインではないので、切り抜いても、販売は、しません。  

2011年11月23日

もーすぐ、冬ですねー。

  この2,3日、急に寒くなってきました。  北海道は、吹雪。  兵庫県で、初雪。  そーですか。 それじゃあ、おじさんも、冬支度。  例年より、ちょっと早いみたいだけど。PB2210760.jpg
  糸鋸作業に使ってる。回転いすに、キャタスターつきの板をつけて、ヒーターを固定。  温風が、逃げないように、スカート?はかせてー。 これなら、ヒーターが、ついてきてくれる。 これがおじさんの、冬支度。   冬は、乾燥して、木がそりやすいので、あんまり暖房を,利かせるのは、御法度。  加湿てやるのがいいんだろうけど、、、。  個人的には、フランクリンストーブでもおきたいんですがー。 木の端材もたくさん出るしー。   <フランクリン、  元アメリカ大統領、  科学者、 雷の実験で有名、薪ストーブの設計までした。>

2011年11月20日

糸鋸盤、ちょっとだけ改良

 大量の、糸鋸での中抜きの 仕事を、いただいた。  数十枚の板に、穴を開け、模様を切り抜く仕事だ。それも、ハートのように、一枚の板に切り抜きの穴ひとつではない。 20個近くになると思う。・・・多分   それも、細かい模様なので、2ミリくらいの穴しかあけられないだろう。  糸鋸の切抜きの効率を上げるのに、重ね切りという方法があるが、これは、薄い板を、何枚か重ねて切る方法で、今回は使えない。では、今回、仕事の質を、落とさずに効率よく仕事をするには、、、もう、これしか思いつかない。糸鋸の刃の差し替えを、いかに早くするかだ。  おまけに、差し替えに手間取っているときには、刃をだめにしてしまうことがある。  時間の余計なロスだ。  でー、PB2010720.jpg                                                    板を、斜めにして、裏から糸鋸の刃を穴に差し込むとき、光が当てられるようライトの位置を、大幅に下げて、あわせて、エアーノズルなども微調整した。  後、集塵口も何とか改良したいが、マグネット式で取り外しできるので、今回は、見送ろう。  ローマは、一日にして成らず だ。   さあ、中抜きだろうが、なんだろうが、かかって来い。

2011年11月13日

二階調した写真を、切る。

4520645454_a720be7510_o00.jpg
 この一枚の写真を、フォトフリーから選び出すのにどれだけ苦労したことか。 いいような明暗が、ないとだめだし、複雑な構造のものもだめだし、背景があると、何のことだか、わからなくなることもある。  風景も、オートバイもいろいろ二階調したけどだめで、結局人間に戻ってきた。  人間でも、ややこしい服装や、模様の服着てたらお手上げで、淡い色のテイーシャツなんかがお勧め。   でー、切ってみた。PB1310640.jpg
  バラバラにならないように、コピーに白の修正液で、あちこち手を入れて、切ってみたが、初めてなので、少し悩んだだが、まあこんなところか。   つぎは、自分でとった写真で・・・・・。

2011年11月08日

糸鋸の、裏技?

P21704710000.jpg
  この写真、よく見ると何かおかしい、と気付きますか?  実は、刃を、前後逆にはめて、手前に、引っ張りながら 切っているところです。大きい <1メートル弱> 木なので、押しながら切るのでは、その部分が、見づらいので、刃を、逆にはめています。 めったにしないことですが、特別、面倒な作業がいるわけでもありませんし、覚えていて、損はないと思います。                           明日は、11月09日  いとのこ  1、10、9  の、の字はないが、ごり押しで、11月09日は、糸鋸の日 ってのはどーだろう。  ボツか?

2011年11月03日

こんなの、便利かもー。

  前回のブログに、質問が、寄せられたので、お答えします。  丸を描くのに、なぜコンパスなのか? コピーは、なぜいけないのか?  と、いうものでした。  コピーは、繰り替えしやっていくと、縦方向が、縮んでいくことがあります。  紙の送りぐあいのせいでしょうか。 極端かもしれませんが、コピーしたのをまたコピーしてまたそれをコピーして、、、と、孫、ひ孫、、、やがては、楕円になります。  図案なども、コピーをコピーするのはやめて、必ず、原版から、コピーする癖を、つけてください。   でーー、こんなのいかがでしょう。P12700710000.jpg
  専ら、ねじ穴の位置を決めるために使っているいる、手製の定規です。 平行直線なども、       P12700740000.jpg
 いわずと知れた、丸棒の、中心探しです。                                     P12700720000.jpg
天板の角の、丸みは、この三つの定規でやってます。  あたり、がついているので、書きやすい。  そりゃ、ジュースの缶でも、できないことはないですけど、、、、。

2011年11月01日

丸の切り抜き

  アー、今日から11月。早いもので、今年も後2月。  せわしく今年も終わりそうだ。  
これ、オーダーの、天板。 丸の直径8センチ。PA3109920.jpg
 
  糸鋸で。丸を切るのは難しい。 切り抜いた丸が、中でスムーズに回れば、よしとしよう。        PA3109930.jpg
  まず90度。ほんでもって、PA3109940.jpg
180度。  ついでにPA3109950.jpg
 わーい、何とか回った。円の直径が大きければ、大きいほど難しくなる。  腕試しに、挑戦してみませんか? ただし、コピーは使わず、必ず、コンパスを使用してください。

2011年10月28日

たまには、カントリー

 総集編とかいって、糸鋸のこと書くけど、カントリー家具の事書くの、忘れてた、ので、P30407550.jpg

 これ、いわずと知れた、カントリーのナミナミ。 まだ、ペパーで磨いてない状態です。 きれいでしょ。  新品の糸鋸刃で、切っているうちは、切り口はきれいなのですが、切断距離とともに、だんだん、切り口も悪くなる。  とりわけ、針葉樹は、年輪の、夏目と、冬目の硬さの違いがおおきく、 刃が悪くなると、曲線が多角形のようになってしまうこともある。  <はよ、刃替えんかい>]  とりわけ 杉なんぞは、最悪である。  糸鋸盤で、刃の振幅<上下運動>が、20ミリ以上の、機械を、もっておられる人<旭工機の機械でいうとGRタイプ以上>に、お勧めするのは、広葉樹。  最近のホームセンターでは、針葉樹ばっかりで、殆ど、おいてないか,おいてても、小さな材が、えらく高い値で、おいてある気がするのだが、まあ、どこかで端材でも手に入れて、ためしに切ってみてほしい。  夏目と冬目の、違いがたいしてなく 針葉樹より硬くて、切り具合も、違うのだが、その切り口のきれいさは、針葉樹とは違うものである。  何も、針葉樹を、けなしているわけではない。 木は、適材適所、どれも、使用目的にあわせて使えばいいのだからー。でも、ホームセンターも広葉樹、安くおいてくれたらいいんだけどー。

2011年10月25日

久しぶりに象嵌を、してみた。

 約8ミリの黒檀と、ナラの板を、糸鋸盤で、象嵌します。  刃の厚みは、0,4ミリ。テーブル傾斜は、2,5度位です。  どちらの木も硬いので,慎重に・・・                              PA2308720.jpg
 ひとつ切ってみて、入り具合で角度を微調整。                                  PA2308740.jpg
 下絵なしで、テキトーに模様をカット。  <いい加減なおっさんだ>                       PA2308750.jpg
  切ったナラを、ボンドをつけて、黒檀にはめ、軽く叩き込む。PA2308760.jpg
 乾燥して、ボンドが効いたら、プレーナー<かんな>を、かけて、カット                                              PA2308770.jpg
  でーあとは、トリマーやら、サンダーやらで、仕上げる。                            PA2308780.jpg
  フー、何とか仕上がった。  これは、非売品。  誠意と、下心、じゃなかった、真心をこめて、あちこちに、プレゼント。

2011年10月23日

ベルトサンダー改造

 床面なんかを磨く、ベルトサンダーに、最近出番がない。   じゃあ、改造しようってことになって、      PA2308680.jpg

  だけじゃーなく、こうもなる。                                             PA2308690.jpg
  当然平らにすることもできる、3wey方式ってとこか。


工房にも当然、ベルトサンダーは、あるが、一台は、パワーが、弱い。  この手持ち式の、サンダーのほうがよっぽど、力が強い。  大きいものには、向かないが、小物なら十分対応できそうだ。   自分の機械なので、個人的に使うつもり。  改造を知られたら、ちょーどいい、てなもんで、もっていかれそうなので、こんなことは、ブログなんかには、書けない。

2011年10月19日

パズルもうひとつ

P3290152000.jpg
  これも傾斜した台を使っての、簡単な、パズルです。 <テーブル傾斜では、できません> 材は12ミリのシナベニヤ。            P3290154000.jpg
 でー、これが、分解したところ。
  簡単にできそうですが、直線と、直角に切るのが、ちょっと難しい。 失敗したからって,サンドペーパーで磨いたら、隙間ができてみっともない。   完成度を高めるには、まず、基本練習。           
  gatag photp free 20 の写真が、この数日、更新されてない。  何かあったのかな?

2011年10月16日

糸鋸盤の、冶具について

 糸鋸盤の、中型の機種以上には、テーブルの傾斜の機能が、ついています、  これを使えば、象嵌や、切った部分を、飛び出させたりできます。  これは、切り口が円錐状になるから。  字具を使った傾斜切りは、切り口が、平行になります。
P32901550.jpg
  これを使えば、ミニチュアの椅子の、脚などに、角度のついたホゾなんかの加工ができます。 考えれば、パズルや、いろんなものに応用できると思います。                            P22407360.jpg

  これはおじさんが作った,冶具の一部。  いろいろ作って、中には,これ、何だっけ?というのもある。  こういうのを考えるのが楽しい。いい頭の体操になるし、、、。  作品的にも、幅が広がると思うのだけど。

2011年10月14日

6本パズルつづき。

P32501400000.jpg
 
 以前、ブログに書いた6本パズルの、分解したところです。  ほかにもいろんなのがあると思います。 極めてみても、 面白いかと、思います。 甚五郎の、千鳥格子も,こんなやり方なんだと感心しましたし、、、組み方や冶具の、勉強にもなると思います。

2011年10月11日

糸鋸刃の加工・・・

  8,9日は、よすぎるくらいの天気で、暑かったですねー。  二日とも、万博公園や、ロハス会場内を歩き回りました。 しめて20数キロ。  まだ足が痛い。                             P41307750.jpg
 
  おじさんが木を切るのに、使ってる糸鋸刃です。 24中目アサリなしの刃を加工しました。薄い板を切るのには、市販のままでいいですが、木の厚みが、糸鋸盤の刃の上下の振幅を超えすぎると、アサリのない刃では、木屑の掻き出しが、できなくなります。  すると、刃の間に木屑がたまり糸鋸刃が、後ろに押されて、木の切断面が、まっすぐでなくなり、失敗の元になります。  それを避けるためには、刃をひとつ飛ばしで、ひとつ削ったり、二つ削ったりしています。 また刃を削ることで、細かい回転もスムーズになります。刃を削るのは、糸鋸盤にはめて行うと、糸鋸盤のテーブルを、傷つける元ですから、手挽きの糸鋸にはめて行います。  自分でやるのは、どーも・・・って人は、メーカーに頼めば、作ってもらえると、思うのですが・・・・・ねえ、旭工機さん。

2011年10月10日

切り文字、何やかや。

PA1005440.jpg

 ローマ字、切る場合、いろんな字体があって、 その時々、使い分けているが、漢字の場合は、話が違う。  たとえば、新聞に使われている活字だと、切り抜いたらばらばらで、貼り付けるのに手間がかかってしまう。  なので、おじさんは、寄席文字をよく使っている。 江戸文字 も、よくにた字だ。  左のカッティングシートの字は、残念ながら、本に載っていなかった。    碧って字   紺碧、碧南市 人名以外は、なにに使われるのか知らない。  ほかの字の部分を寄せ集めてというのも面倒くさい。  仕方なく、見つけ出した筆書きの字を、太く、ばらばらにならないようにして、カットした。  フー

2011年10月08日

ロハスフェスタへ、いって来ますー。

  今、朝の4時47分、もうちょっとしたら、ロハスフェスタの会場に、出発します。  搬入は、終わったんですが、設営ができていないので・・・・。  会場での、異業種交流というか、あっちこっち見て回るのが、楽しみです。  みなさんも、ぜひお越しください。                                   
  2009_031500010000.jpg

  六本の、ちょっとひねくれた組み木パズルです。  売るんだったら、糸鋸ではなく、ほかのやり方するでしょうね。  でも、糸鋸でも、できないこともない。台を手作りして、自分でいろいろ悩んで、挑戦してみてください。   では、会場へ、設営と、新しいアイデア探しに、行ってきます。

2011年10月05日

糸鋸、雑学、秘密基地、ロハス・・・

  旭工機さんからの、紹介で、糸鋸盤の、実物を、見たいということで、寝屋川市から ご夫婦がこられました。  お見受けしたところ、リタイア組のようで,実際に切っていただきました。  その後、連絡があって、旭工機の糸鋸盤GR-300を、購入したとの連絡がありました。                      2009_0315000100000.jpg
                                                              いいですよ、リタイアしてからの、糸鋸木工も。   今までの、知識、経験、趣味と組み合わせたら、何か新しいものができるかもしれません。  ちなみに、工房にある、糸鋸おじさんの秘密基地の本棚の写真がこれ。  物理、科学、機械、イラスト、永六輔<?>糸鋸をほんとに楽しむには、知識、経験と雑学と、遊び心が必要だと思うのですが・・・・。  
   あそびごころろといえば・・・・                                           000.jpg
   
  これが、工房にある糸鋸おじさんの秘密基地。                                  どうぞお入りください。                                                P21807250.jpg
   ・・・・・・遊びすぎか。                                                 10月8、9日 は、万博公園での  ロハスフェスタに参加のため。糸鋸教室は、10月16日より再開します。

2011年10月03日

P21807280.jpg

  からくりおもちゃみたいなのも、作ってみたいですねー。  でもアイデアが、簡単には、沸いてきません。  誰かいいアイデア持ってませんかー。P21807270.jpg
  
  うまくかみ合うように作るには、根気は要りますが・・・    

2011年10月02日

発見、デジカメ機能。

PA0201220.jpg
  手持ちのデジタルカメラに、こんな機能、モードが、あるとは、知らなかった。 いつも、ブログの写真に使っていたのだが・・・。  パソコンでも、取り込んだ写真を、加工できるが、どうしても、画像が荒くて、使い物にならず、あきらめていた。  周りの人にも聞いてみたが、こんなモードは知らない、とのこと。  単に、知らないだけなのか、それとも、このメーカー、この機種だけの機能なのか???  でもこれだけ 白黒はっきりさせてくれるんなら、 オリジナルのデザイン作るのに手間が省けて使えるかも・・・?でも、被写体の色、光の加減は難しそうだ。  それより難しいのは、被写体探しだ。

2011年10月01日

糸鋸刃のはめ方、機械のセッティング

  みんな、糸鋸刃の、はめ方とか結構いい加減なように見受けられるので・・・。                     
  2007_121600020.jpg            
  これは、糸鋸の機械を横から見た写真。  正面からの直角は、みんな気にするんだけど、横からの直角はあんまり気にしてない。  だめですよー。  ちゃんとしないとー。  木が厚ければ厚いほど、致命的なんだからー。                                                  
 2007_121600010.jpg
 
  でー、糸鋸刃の、直進性も、おかしいと思ったら、確かめないと。  上下の刃のくわえ口が、ねじれの状態だと、切断面が直角になりませんよー。                                                                                                P30304800000.jpg
  
  うまく切れたかなーって、 確かめるなら切断面を下にして並べてみる・・・でー ドミノ倒しの板みたいにきれいに並べば成功。だめだったら、もっと練習。  ちなみに写真は、19ミリのパイン材と、5,5ミリのベニヤ板                                                       
  P2160709o.jpg
 
  端材で、遊んでみました。うーん、今日も調子いいみたい。

2011年09月30日

総集編の、続き

  すいません。  今日も、総集編の、続きってことで、、、、、。
  2006_030300130000.jpg
  自分のデザインではないので、非売品。 自分のオリジナルデザイン欲しいですよね。  絵は下手なので、カメラで、いろいろ撮って、自分の作品にしようってがんばってますが、早々うまくは・・・誰かモデルになってくれませんかー。
  
 P40807730.jpg

 糸鋸できれるのは、木だけではないんです。  車なんかに貼るカッティングシートなんかも、ベニア板にはさんで・・・・。あと、フエルト生地や、プラスチックも、、。
  
  P4070488ooo0.jpg

  P21607100.jpg

  プラスチックは、厚みがあれば、板にはさむ必要はありませんが、切るとき、裏に布のクラフトテープを貼ってください。  おじさんはプラスチックで、ハートの型なんか作って、仕事で使ってます。

2011年09月29日

わけあって、総集編?

   数日前から、旭工機さんのホームぺ-ジから、このブログに 直接飛べるようになっているのに気づいた。   なおかつ、このブログは、参考になります、の一文が、書かれてあった。  うれしい限りである。 認知されたとか、推薦されたとかいうことになるのかな?  < 別に隠し子や,選挙の話ではない。>   で・・・このブログに来る人が、ふえたとして・・・・。    じつは、この前のトラブルで、以前のブログの写真が 大方消えてしまったのである。  直近の写真は大丈夫だったが・・・・。  エーイ、面倒くさい。   書くことも減ってきているので、  この際だ、写真の復活かねて、ダイジェスト版? 総集編? なんと呼ばれてもいい、 制作費を浮かそうとする、どこかの放送局の真似でもしてみるか。
2006_03030002o0.jpg
 
 これだけ木が、厚いと つかれる・・・。
  
2006_030300110.jpg

  象嵌です。専門ではないですが、、、糸鋸で、こんなこともできます。

  P21606990.jpg
 
  冶具やら、自分で工夫すれば、いろんなものができますよ。

   今後、写真を、復活させた、ダイジェスト版と、新しいことを織り交ぜながら書いてiきます。
  よろしくお願いします。

2011年09月22日

ロハスフェスタの準備  ステンシル作り

P9220675000.jpg

  10月8,9日に,吹田の万博公園で開かれる ロハスフェスタに向けて、ステンシルの作成です。  他店は、どうされてるか知りませんが、うちは、ステンシルも,手作りです。 これを使って、板に文字を 写しこみます。    薄い板の間に、プラ板 挟みこんで、糸鋸でカット。   オリジナルステンシルの 完成です。   でも、 黒に塗りつぶされた字の輪郭切るのは、ちょっと見にくい。  糸鋸刃と、色が似ているから。 白黒みたいに 赤色単色でコピーできたら見やすいかも。  工房のコピーでは、できないので、近くのコンビ二で 10円で、できるか調べてきます。  何事でも、試してみよう。  うん。

2011年09月16日

久しぶりに,旭工機さんの、ホームページへ

2009_04090001000.jpg

  久しぶりに、、ドリームキャッチが、リンクしてもらってる、大手糸鋸メーカーの旭工機さんのホームページを覗いてみた。 おやー、リンク集が、えらい増えている。   今までは、恐れ多くも,遊プランさんと、ドリームキャッチの、2件だけだったのに、知らないうち、5件6件とー、  それに、言葉も置き換えられている、<担当者さん、気を使っていただいて、ありがとう。>  何かあったのかな。 リンクの敷居が低くなった? それとも、大きな木工ブームの再来の予兆か?   まあ、糸鋸好きの人同士、仲良くやりましょう。  もし、興味がありましたら、 うちのリンク集から、旭工機さんのホームページ、覗いてみてください。

2011年09月09日

  もう一回、ネームプレート

P9080673000.jpg

  今度は、漢字でのネームプレート。  もうちょっと、コピー拡大した方がよかったかな?  糸鋸刃通すための、1,5ミリのドリルが、ぎりぎりだ。         朝、結構涼しい日があったりで、なんとなく秋が、近づいてきたって感じ、なにかアイデア搾り出して、新しいもの、作らなくちゃ。

2011年09月06日

楠の木、カット

    P9060666000.jpg
                                                               頼まれ仕事で、 楠の木をカット。 楠は、東大阪市の市の木、ってことらしい。 糸鋸との相性はいい 。なめらかに切れるし、切り口もきれいだ。   樟脳、<防虫剤>の材料だとかで、カットしていると、そんなにおいが立ち込めてくる。  うん,鼻がスースーしてきた。カットした形は、市のマーク。平仮名の<ひ>のような鳩のような、、、、、。何に使われるかは、秘密。<もうすぐ始まるはずの、市長選挙とは、関係ありません。>

2011年08月27日

黒檀 切り文字

P5260603000.jpg

  久しぶりに、黒檀の切り文字。  黒くって、鉛筆では、字がかけないので、コピー貼り付け。  硬いの何の  フー。  でも切り口は、ピッカピカ。   1と2が多いのは、時計の文字盤に貼り付けるため。

2011年08月23日

いろいろあったけどー

P7310652000.jpg
  
  写真は、頼まれもしないのに糸鋸で作ったネームプレート。 材は,ナラ。                     
 パソコンがちょっとトラぶっていたようで、 その間、いろいろありました。  糸鋸教室も、上は七十+?才の女性 <その行動力には、感心>から 10歳未満まで、いろんな方に来ていただきました。 
 個人的な依頼では、版画作業用の机を、作りました。 木屑処理に 天板に穴を開けてみたり、溝を作ったり、作業盤作ったり、アイデア満載でした。  <写真撮り忘れたー>                 
 小松左京氏が、死去しました。  30冊ぐらいは読んだかな?   博学、雑学、スケールの大きい人だった。   日本漂流 という作品が、2つある。  一つは、五木寛之氏のエッセイで、著者が、日本国内を。漂流する。   もう一つは、小松氏で 日本列島が、泳ぎだし、世界の中を漂流して、最後に、ベーリング海だったかに、はまり込んで、東西の架け橋になるというオチだった。 <いったい何の話だ。>   その他、米金闘争 では、税金の起源の話やら、 木静かならんと欲すれど では、 火の禁止されている拘置所でいかにして、火を、おこすか など、作品は、雑学の宝庫だった <それが何の役に立つ?>   ご冥福を、お祈りします。  これがおじさんの、夏の一部分

最新記事

  1. ・2014年05月29日
    木工糸鋸職人募集のお知らせ。
  2. ・2012年07月22日
    糸鋸メーカーの失敗
  3. ・2012年07月20日
    こんなのに、なりました。
  4. ・2012年07月11日
    シャッター、開けておくと、、、
  5. ・2012年06月22日
    トリマーベース
  6. ・2012年06月09日
    続き    です。
  7. ・2012年06月08日
    糸鋸で、できること、糸鋸にしか、できないこと。
  8. ・2012年06月06日
    お知らせでーす。
  9. ・2012年06月05日
    傘たての、オーダー
  10. ・2012年05月26日
    どーでもいいけどー。