2012年07月22日

糸鋸メーカーの失敗

  大型糸鋸盤メーカーは、大体2社で、競い合っている。  一方が、新機種出すと、他社も、対抗して、、、というのが常だ。  現在、大型糸鋸盤の、刃のストロークは、双方とも、25ミリ。   かつて、これが変更されたときがあった。   始めは、25だったのが、30になり、確か35まで言ったと思う。でー、結局25がいいと、元に戻った。  戻すのなら、はじめからするなよ。  
P7221292000.png
  糸鋸のストロークが長いと、厚い板がきりやすくなる。ただし限度がある。写真は、25ミリの機械が、一番下へ来た状態である。  刃の、くわえ口が60ミリほど、一番上の、刃の  ギザギザは、45ミリのところにきている。  これでもし、後10ミリ下げるとしたら、  つまり、ストロークを35にしたとしたら、刃は35ミリのところまでしか、完全には、あたらないし、今までより10ミリ薄い板しか切れなくなってしまう。 それに、板押さえを、はずして使うと、板の跳ね返りが相当きつくなるんじゃないかな。  25ミリがいいから、また、元に戻したわけだし、迷惑なのは、新型だ、と飛びついてて買ってしまった人。  あわてずに、ずーと作ってる定番商品を、買いましょう。  もうひとつ、やめときゃいいのに、と思ってたのが、ある。  すでに、メーカーのネットカタログからは、消えているが、横向きアーム糸鋸盤。
 どうしても、横向きにしたかったら、上下の、刃の、加え金具の方向を変えればできるし、テーブル傾斜が横向き用にならない以外、特に問題はないと思う。  メーカも、わかって作って、売ってるんだと思う  あのような機械に飛びつくのは、詳しくない人で、メーカーの駆け引きの、被害者だと思う。なーんてな。

コメント

この記事についてコメントする

(カントリー雑貨ドリームキャッチ スタッフブログコメントは管理人の承認後に反映されますので、表示されるまで時間がかかる場合がございます。ご了承下さい。)

comment form

最新記事

  1. ・2014年05月29日
    木工糸鋸職人募集のお知らせ。
  2. ・2012年07月22日
    糸鋸メーカーの失敗
  3. ・2012年07月20日
    こんなのに、なりました。
  4. ・2012年07月11日
    シャッター、開けておくと、、、
  5. ・2012年06月22日
    トリマーベース
  6. ・2012年06月09日
    続き    です。
  7. ・2012年06月08日
    糸鋸で、できること、糸鋸にしか、できないこと。
  8. ・2012年06月06日
    お知らせでーす。
  9. ・2012年06月05日
    傘たての、オーダー
  10. ・2012年05月26日
    どーでもいいけどー。