2011年11月23日

もーすぐ、冬ですねー。

  この2,3日、急に寒くなってきました。  北海道は、吹雪。  兵庫県で、初雪。  そーですか。 それじゃあ、おじさんも、冬支度。  例年より、ちょっと早いみたいだけど。PB2210760.jpg
  糸鋸作業に使ってる。回転いすに、キャタスターつきの板をつけて、ヒーターを固定。  温風が、逃げないように、スカート?はかせてー。 これなら、ヒーターが、ついてきてくれる。 これがおじさんの、冬支度。   冬は、乾燥して、木がそりやすいので、あんまり暖房を,利かせるのは、御法度。  加湿てやるのがいいんだろうけど、、、。  個人的には、フランクリンストーブでもおきたいんですがー。 木の端材もたくさん出るしー。   <フランクリン、  元アメリカ大統領、  科学者、 雷の実験で有名、薪ストーブの設計までした。>

2011年11月20日

糸鋸盤、ちょっとだけ改良

 大量の、糸鋸での中抜きの 仕事を、いただいた。  数十枚の板に、穴を開け、模様を切り抜く仕事だ。それも、ハートのように、一枚の板に切り抜きの穴ひとつではない。 20個近くになると思う。・・・多分   それも、細かい模様なので、2ミリくらいの穴しかあけられないだろう。  糸鋸の切抜きの効率を上げるのに、重ね切りという方法があるが、これは、薄い板を、何枚か重ねて切る方法で、今回は使えない。では、今回、仕事の質を、落とさずに効率よく仕事をするには、、、もう、これしか思いつかない。糸鋸の刃の差し替えを、いかに早くするかだ。  おまけに、差し替えに手間取っているときには、刃をだめにしてしまうことがある。  時間の余計なロスだ。  でー、PB2010720.jpg                                                    板を、斜めにして、裏から糸鋸の刃を穴に差し込むとき、光が当てられるようライトの位置を、大幅に下げて、あわせて、エアーノズルなども微調整した。  後、集塵口も何とか改良したいが、マグネット式で取り外しできるので、今回は、見送ろう。  ローマは、一日にして成らず だ。   さあ、中抜きだろうが、なんだろうが、かかって来い。

2011年11月13日

二階調した写真を、切る。

4520645454_a720be7510_o00.jpg
 この一枚の写真を、フォトフリーから選び出すのにどれだけ苦労したことか。 いいような明暗が、ないとだめだし、複雑な構造のものもだめだし、背景があると、何のことだか、わからなくなることもある。  風景も、オートバイもいろいろ二階調したけどだめで、結局人間に戻ってきた。  人間でも、ややこしい服装や、模様の服着てたらお手上げで、淡い色のテイーシャツなんかがお勧め。   でー、切ってみた。PB1310640.jpg
  バラバラにならないように、コピーに白の修正液で、あちこち手を入れて、切ってみたが、初めてなので、少し悩んだだが、まあこんなところか。   つぎは、自分でとった写真で・・・・・。

2011年11月08日

糸鋸の、裏技?

P21704710000.jpg
  この写真、よく見ると何かおかしい、と気付きますか?  実は、刃を、前後逆にはめて、手前に、引っ張りながら 切っているところです。大きい <1メートル弱> 木なので、押しながら切るのでは、その部分が、見づらいので、刃を、逆にはめています。 めったにしないことですが、特別、面倒な作業がいるわけでもありませんし、覚えていて、損はないと思います。                           明日は、11月09日  いとのこ  1、10、9  の、の字はないが、ごり押しで、11月09日は、糸鋸の日 ってのはどーだろう。  ボツか?

2011年11月03日

こんなの、便利かもー。

  前回のブログに、質問が、寄せられたので、お答えします。  丸を描くのに、なぜコンパスなのか? コピーは、なぜいけないのか?  と、いうものでした。  コピーは、繰り替えしやっていくと、縦方向が、縮んでいくことがあります。  紙の送りぐあいのせいでしょうか。 極端かもしれませんが、コピーしたのをまたコピーしてまたそれをコピーして、、、と、孫、ひ孫、、、やがては、楕円になります。  図案なども、コピーをコピーするのはやめて、必ず、原版から、コピーする癖を、つけてください。   でーー、こんなのいかがでしょう。P12700710000.jpg
  専ら、ねじ穴の位置を決めるために使っているいる、手製の定規です。 平行直線なども、       P12700740000.jpg
 いわずと知れた、丸棒の、中心探しです。                                     P12700720000.jpg
天板の角の、丸みは、この三つの定規でやってます。  あたり、がついているので、書きやすい。  そりゃ、ジュースの缶でも、できないことはないですけど、、、、。

2011年11月01日

丸の切り抜き

  アー、今日から11月。早いもので、今年も後2月。  せわしく今年も終わりそうだ。  
これ、オーダーの、天板。 丸の直径8センチ。PA3109920.jpg
 
  糸鋸で。丸を切るのは難しい。 切り抜いた丸が、中でスムーズに回れば、よしとしよう。        PA3109930.jpg
  まず90度。ほんでもって、PA3109940.jpg
180度。  ついでにPA3109950.jpg
 わーい、何とか回った。円の直径が大きければ、大きいほど難しくなる。  腕試しに、挑戦してみませんか? ただし、コピーは使わず、必ず、コンパスを使用してください。

最新記事

  1. ・2011年11月23日
    もーすぐ、冬ですねー。
  2. ・2011年11月20日
    糸鋸盤、ちょっとだけ改良
  3. ・2011年11月13日
    二階調した写真を、切る。
  4. ・2011年11月08日
    糸鋸の、裏技?
  5. ・2011年11月03日
    こんなの、便利かもー。
  6. ・2011年11月01日
    丸の切り抜き